読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

証券外務員ナビ

証券外務員試験(一種・二種)合格に必要な知識、問題・解説を配信します。

企業分析⑩

問題

配当性向は、当期(純)利益に対する配当金の割合を示すものであり、配当性向が高いということは、内部留保率が高いことを意味する。

 

 

答え

    ✖️

解説

配当性向が高い(利益の使途として配当金の割合が多い)ということは、内部留保の割合が低いことになります。

 

参考情報

オンラインテキスト

キーワード